作家情報

荒尾純

荒尾純(1938-2002)は、美術品や芸術家の肖像を撮影する商業カメラマンとして出発したアーティスト。その後渡仏し、長年あこがれてきた花のパリに魅了される。フリーのカメラマンとしてバーに集う人々や路地裏の家、昼寝する老人、休憩する労働者や公園で遊ぶ子どもたちなどを被写体に、撮影を続けた。一見すると素朴で何気ない彼の作品は、一つの街の中に生きる人間や動物、建物などが渾然一体となってパリの奥行きを伝えるものである。生涯異邦人としてパリという街の「刻のながれ」に寄り添って撮影された写真には、ときに撮影者である荒尾本人の影もあらわれて見るものを案内しながら、過ぎ去ってしまったパリの時間が秘められている。

●写真集
「鳳 蘭 肖像画」 宝塚歌劇団 (1977)
「巴里 , 刻のながれ」プレイガイドジャーナル社 (1984)

● パブリックコレクション
大川美術館

作品情報

  • 作品名
    ロビンソン駅ポートレート
    制作年
    1970
    技法・素材
    ゼラチン・シルバー・プリント
  • 作品名
    去りゆく人は美しい
    制作年
    1970
    技法・素材
    ゼラチン・シルバー・プリント
  • 作品名
    ロビンソン駅ポートレート
    制作年
    1970
    技法・素材
    ゼラチン・シルバー・プリント
  • 作品名
    去りゆく人は美しい
    制作年
    1970
    技法・素材
    ゼラチン・シルバー・プリント

作者経歴

1938
東京に生まれる
1963
関西学院大学美学科を卒業
梅田画廊入社、美術品,画家の肖像などの撮影担当
1971
渡仏
1973
渡仏 後 フリーとなる 写真家 田中幸太郎氏に師事
2002
逝去

主な個展

1985
「パリの窓・壁・道」大阪 サンストア写真サロン
1991
「鳳蘭シルエット ' 78」開大阪 阪急百貨店,東京 福岡 富士フォトサロン
1992
「ジュテ-ム・パリの裏街」東京 大阪 キャノンサロン
1997
「今は、もうない・・パリの裏街」東京 大阪 キャノンサロン
1997
「巴里 , 刻のながれ」ギャラリー新居ホテル日航大阪店
1998
「KYOTO」パリ エスパースジャポン
1999
「夢のあと」ギャラリー新居ホテル日航大阪店
2000
「KYOTO」南仏トゥルーズ YEDO 当地では日本人初の個展となる
2001
「巴里から京都へ」ギャラリー新居東京店
2002
「フォトリズム展」ギャラリー新居東京店 / 大阪本店