・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木下佳通代「もうひとつの実在」

2017年6月17日(土)−7月8日(土)

《Ph ‘77-V》1977年 写真にフェルトペン 101.6×71.2 cm

《87‐CA437》1987年 キャンバスに油彩 66.6×46.8 cm
 

  ギャラリーヤマキファインアートは、6月17日(土)から7月8日(土)まで、木下佳通代展「もうひとつの実在」を開催いたします。木下佳通代(1939-1994)は、主に写真や絵画を媒体として、日本の戦後美術に鮮烈な印象を残した美術家です。木下の制作の背景には、関西において戦後20年にわたり台頭した具体美術、もの派、60年代からのハイレッド・センターやネオダダなどいった数々のグループの動向が挙げられます。木下自身も初個展の前後には神戸で結成されたグループ「位」と行動を共にしました。しかし、必ずしも彼らの追従を行ったわけではないことは、当時の芸術運動と女性作家の関わりを考える上では特筆すべき点です。
  木下佳通代は1939年、兵庫県神戸市に生まれました。1973年頃から1980年頃には、ゼログラフィー(青焼き写真)と呼ばれる電子複写技術を使用して、人間の知覚のあり方を問い直す作品を制作しました。これらの作品は、図形を描いた紙を折ったり歪ませたりして変形させたものを撮影し、その上にさらに同じ線や円の平面的な図像を描いて制作されています。この特徴的な二重構造、つまり、三次元の像と二次元の像、デジタルとアナログとが重なり合うことで生じるのは、「存在」の確かさ、もしくは曖昧さを体現する視覚的・認識的なズレです。このズレは、「視る」者を「存在とは何か」という深遠なる問いへと誘い、私たちに「視る」という行為について考えさせます。木下の作品は「視る」ことに対する問いであり、それは「私」という存在が世界に対していかに関与しているかの確認作業であったとも言えます。
  何かと別の何かを並べ相対的に物事を把握する認識の仕方では、「在る」という実存そのものは説明しきれず、自身の存在の根拠さえ稀薄になっていくと感じるようになった木下は、1982年頃からはその制作姿勢を引き継ぎつつ新たな絵画の仕事を始めました。木下の絵画における手の動きの軌跡がはっきりと伝わる筆触と色彩からは、身体性に基づく感性への強い関心が見受けられます。晩年の油彩作品では、絵の具を塗った後から布でこすり拭き取るという工程が加えられました。動きを重視した筆跡と拭き取った痕跡は、絵肌と展示空間が緊張し響きあう魅力的な空気を作品に与えました。絵具を塗る事と拭き取ることは、動きそのものとその行動を為す画家という存在の証明あるいは宣言でもありつつ、一方で画家の動きや作品存在の否定とも捉えることができます。この2つの動きは、作品という存在そのものを生み出すために必要な等しい価値を持った行為です。木下は相反する意味を持つようにも思える両者を、「存在」を生み出すために必要で、等しく価値を持つ痕跡として表現することに見事成功しています。
  本展では、このように対象を視る自己が透明な「意識」=「眼」となることに最後まで憧れ続けた1人の美術家の姿をご紹介いたします。主体と客体とのへだたりが消え去り、存在するものとそれを観察するものが一体となることに向かおうとする木下の力強い意志を「視る」ことは、認識と感性が揺さぶられる刺激的な体験となることでしょう。近年再評価の動きが著しい木下佳通代の画業をこの機会にぜひご高覧ください。
  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会期:
2017年4月 1日(土) - 5月 6日(土) 休廊日:日・月曜日
開廊時間:
11:00 - 13:00 / 14:00 - 19:00  [最終日は17:00まで]
所在地:
ギャラリーヤマキファインアート  〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
問合せ:
TEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667  MAIL: info@gyfa.co.jp
アクセス:
JR ・阪神 元町駅 西口より徒歩 1 分
料金:
無料

MAP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・