・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三島 喜美代「WORK 99-NG


201792()930()

戦後の復興期から高度経済成長期を経て発展し、豊かになった日本社会は、特に女性にとって以前とは比べようのない多様な生き方や価値観を育みました。女性というジェンダーの固定概念は薄まり、女性が活躍する時代と謳われる現代ですが、その背景には、様々な歴史、光と影があります。ギャラリーヤマキファインアートでは今までも女性アーティストの個展を数多く開催してきましたが、それぞれの作家との関わりを通して、必ずしも女性アーティストたちが正当な評価を受けてきたわけではないこと、彼女たちがアーティストとして自立するには多くの制度的・社会的・観念的な壁を乗り越えねばならなかったことを実感しました。一方で、彼女たちは、そのような不遇に対しても距離を置きながら独自に新しい表現を希求して、あきらめることなく発表の場を模索し、不屈の精神で様々な手法やスタイルを追究し続けてきたことも知りました。
こうした女性たちの時代背景や表現を振り返り、また「今」の女性ならではの表現を制作する若手作家にいたるまでの道程を問い直すことで、女性アーティストとその作品の評価がどのように行われてきたのか、そして彼女ら自身の意識はどのように変わってきたのか、美術と女性、それらを取り巻く社会的状況をふまえながら考察を深めてまいります。その第5弾となる本展では、戦後日本を代表する芸術家、三島喜美代を紹介いたします。
本個展では三島の作品の中でも「紙」、特に新聞をモチーフにした作品を中心に展示をいたします。その中核を為す《Newspaper 99-N》《Newspaper 99-NG》は1999年にINAXギャラリーでの個展「クレイジー・ペーパー」にて発表され、今回が関西初公開となります。1980年代頃から積極的に大規模作品に取り組んできた三島は、その流れに位置づけられる本作によって「インターネットによる新聞の危機」を表現したと言います。壁面にフラットに並んだ古新聞がひときわ異彩を放つ本作は、風化して最早意味を成さなくなった情報の残骸が圧倒するように迫ってくる一方で、過ぎ去った時代の証言者としての風格と静謐さをも醸し出しています。IT社会の訪れとともに必然性を失ったにも関わらず、未だに私たちのまわりを循環し廃棄され続ける紙媒体。そこに私たちが求めるのはもはや情報という内容物ではなく、物質としての、儚くも美しい「紙切れ」なのかもしれません。
近年、世界的な再評価の動きが著しく高まっている三島喜美代。関西初公開となる記念碑的な作品を中心にした本個展が、現代社会に何らかの光を投げかけることを期待いたします。

 

【近年の主な展覧会】

【主な受賞歴】

2016 Taka Ishii Gallery(ニューヨーク、アメリカ)

1965 第9回シェル美術賞展 佳作賞

2015 Art Factory Jonanjima(東京)

1966 毎日美術コンクール賞(京都市美術館)

2014 Art Factory Jonanjima(東京)

1974 ファエンツァ国際陶芸展(イタリア) ゴールドメダル賞

2013 Painting Period 1954-1970,
Gallery Yamaki Fine Art(神戸)

 

1986-87 ロックフェラー財団(ACC)により米ニューヨークに留学

 

 

三島 喜美代 《 Newspaper 99-NG 》
和紙、鉄粉、発砲スチロール
1998-99,年、520 x 755 cm

三島 喜美代 《 Newspaper 99-N 》
新聞、水、ボンド
1998-99年、250 x 520 cm


会期:
2017年9月 2日(土) - 9月 30日(土) 休廊日:日・月曜日
開廊時間:
11:00 - 13:00 / 14:00 - 19:00  [最終日は17:00まで]
所在地:
ギャラリーヤマキファインアート  〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
問合せ:
TEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667  MAIL: info@gyfa.co.jp
アクセス:
JR ・阪神 元町駅 西口より徒歩 1 分
料金:
無料

MAP