小清水漸 個展

小清水漸 個展小清水漸 《表面から表面へ - カンヴァス》 1973- 2013 年、カンヴァス・木枠、各 84 × 72 cm

ギャラリーヤマキファインアートではこのたび、小清水漸の個展を開催いたします。小清水漸( 1944 年-)は、 1960 年代末から 70 年代はじめの日本で興った芸術動向「もの派」を代表する美術家のひとりです。本展では、今年 5 月に開催された Art Basel Hong Kong 2013 において、ギャラリーヤマキファインアートから出品された十数点を中心に、小清水の初期の活動から現在までの足跡をたどります。

小清水漸が作品に用いる素材は、木や鉄、石、和紙などで 、その素材の質感や形態をありのままに表現へと結びつけます。それらはどれもごくあたり前に私たちの生活の中に存在する物ですが、非日常的な状況として提示することで、もの自体の本質や異なる素材同士を掛け合わせた際の変化、ものが存在する空間などを問い直します。 小清水をはじめ「もの派」に端を発する作品制作における概念的な方向転換は、その後の美術に大きな影響を与え、小清水の作品は今日の美術の状況においてますます意義深いものであるといえます。

一方で小清水は 70 年から 71 年頃を境に、「もの派」から次第に離れて独自の方法論を築き上げていきます。本展では、小清水の作品の発展過程においてモニュメンタルな作品である《表面から表面へ》シリーズ最初期の作品、後の《作業台》シリーズの発端となる作品、さらに貴重なドローイングの数々もご紹介いたします。この機会に、「もの派」に収斂しない小清水独自の作品世界を是非ご高覧ください。


【主な個展】
1981「第10回平櫛田中賞受賞記念小清水漸彫刻展」 高島屋/東京
1992「今日の造形8-彫刻・現代・風土-小清水漸」 岐阜県美術館・ 愛媛県立美術館
1993「小清水漸展」 東京画廊/東京
2005「小清水漸 −木の 石の 水の 色−」(町立久万美術館・愛媛久万高原町)
2010小清水漸教授 退任記念展「重力/質量/作業」 京都市立芸術大学 芸大ギャラリー・大学会館ホール/京都
2010「雪のひま」東京画廊/東京
2013個展 香港アートフェア会場/ギャラリーヤマキファインアートブース/香港
2013BLUM&POE GALLERY/ロサンゼルス
2015「階の庭」ギャラリーヤマキファインアート/神戸
2016個展 BLUM&POE GALLERY/東京

【主なグループ展】
2016アートバーゼル香港
2017「態度がかたちになるとき-安齋重男による日本の70年代美術」国立国際美術館/大阪

【受賞歴】
2004紫綬褒章 受章
【作者情報】
小清水 漸

会期2013年07月30日(火) - 2013年08月17日(土) 休廊日 : 日・月曜日
開廊時間11:00 - 13:00 / 14:00 - 19:00  [最終日は17:00まで]
会場ギャラリーヤマキファインアート
所在地〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
問合せTEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667  MAIL: info@gyfa.co.jp
アクセスJR ・阪神 元町駅 西口より徒歩 1 分
料金無料