狗巻賢二

狗巻賢二

ギャラリーヤマキファインアートは、 9 月 12 日(土)から 10 月 10 日(土)まで、狗巻賢二展を開催いたします 。

  狗巻賢二は 1943 年、大阪府生まれ。現在京都を拠点に活動。 70 年前後に発表された、ガラスを斜めに立てかけたように見える糸による作品や、針金を単純に結んでキューブの連続体を作った作品など、もの派と同時代の重要な動向として高い評価を得ています。 1970 年には「第 10 回日本国際美術展:人間と物質」に出品、 73 年には第 8 回パリ青年ビエンナーレに出品するなど、国内外の重要な展覧会にも多数出品しています。この頃の 基本の構造体を空間の中に配置するという作品制作の方法は、現在の作品にまで継続的に受け継がれています。 70 年代半ばからは、 方眼紙の方形を色鉛筆で塗り分ける作品や、墨壷でグリッドを描いた作品、カンヴァスに白色の油彩絵の具を厚く塗り重ねる《ある種プリミティヴな観念的時空》シリーズ(白い作品シリーズ)など、一貫して単純な行為の繰り返しが結果=表現としてあらわれる作品を制作しています。

  ギャラリーヤマキファインアートでの 2 度目の個展となる本展では、方眼紙を色鉛筆で塗り分けた最新作を中心に、十数点をご紹介いたします。狗巻の現在を、是非この機会にご高覧ください。
 


【主な個展】
1969「狗巻賢二個展」ギャラリー16(京都)('69,'74,'80)
1973「狗巻賢二展」信濃橋画廊(大阪)
1973「狗巻賢二展」松村画廊(東京)('74,'78,'82,'85,'86,'90,'93,'95,'99)
1975「狗巻賢二展」東京画廊(東京)('79)
1987「狗巻賢二展 いろどる」INAXギャラリー大阪
1996「京都の美術 昨日・きょう・明日18 狗巻賢二の仕事」京都市美術館
1996「狗巻賢二展-痕跡として形を成す-」INAXギャラリー2(東京)
2014「狗巻賢二-新作展」ギャラリーヤマキファインアート(神戸)(2015,'19,'22)

【主なグループ展】
1969「概念的空間展」信濃橋画廊(大阪)('73)
1968「京都アンデパンダン展’68」京都市美術館(京都)('69,'70,'71,'73,)
1968「次元'68展」京都市美術館(京都)
1968「第1回茨木現代美術展」茨木市大会議室教育委員会賞(第3席)
1968「ニュー・ジオメトリック・グループ展」 ギャラリーヤツイ(大阪)
1968「ニュー・ジオメトリック・グループ国内展」 東京セントラル美術館    (巡回)オークランド美術館(アメリカ'69)
1969「第9回現代日本美術展」東京都美術館 (東京)(巡回)京都市立美術館(京都)
1969「第1回現代国際彫刻展」 コンクール審査明治神宮絵画館(東京)
1969「第1回現代国際彫刻展」 箱根彫刻の森美術館(神奈川)
1969「美術という幻想の終焉展」 信濃美術館(長野)
1969「現代美術の動向」 京都国立近代美術館
1970第10回日本国際美術展(東京ビエンナーレ)「人間と物質 Between Man and Matter」、東京都美術館を皮切りに京都市美術館、愛知県美術館、福岡市文化会館を巡回
1970「1970年8月 現代美術の一断面展」 東京国立近代美術館(東京)
1970「幻想のインテリア展」神戸市サンボー・ホール(兵庫)
1970「20人の方法展」信濃橋画廊(大阪)
1970「毎日選抜美術展」大丸百貨店(京都)
1971「第10回現代日本美術展「人間と自然」」東京都美術館(東京)
1971「第4回現代日本彫刻展」 宇部市野外彫刻美術館(山口)
1971「第4回現代の造形<映像表現'71>」京都新聞ホール(京都)
1971「すっかりだめな僕たち展」京都市美術館、京都書院ホール(京都)
1972「京都ビエンナーレ」京都市美術館(京都)('73,'76
1972「映像による企画」京都大学西武講堂、京都書院\(京都)
1972「10年目のギャラリー16」ギャラリー16(京都)
1972「美術は展覧会 活躍する僕たち展」京都市美術館、京都書院ホール(京都)
1972「第1回現代日本グラフィック・アート展」 I.C.A(ロンドン,イギリス)西武百貨店渋谷店(東京)
1972「今日の作家'72年展」(第8回今日の作家展)横浜市民ギャラリー(神奈川)
1973「<実務>と<実務>12人展」 ピナール画廊(東京)
1973「第8回パリ青年ビエンナーレ」パリ市立近代美術館(パリ,フランス)
1974「日本-伝統と現代」デュッセルドルフ市立美術館(デュッセルドルフ,ドイツ)
1974「ALL OVER & OVER ALL 又は回顧展」ギャラリー16(京都)
1975「アサヒアートナウ」兵庫県立近代美術館(兵庫)
1976「コラージュとフロッタージュ」ギャラリー16(京都)
1977「絵画の豊かさ」(第13回今日の作家展)横浜市民ギャラリー(神奈川)
1981「日本現代美術展 70年代日本の美術の動向」韓国文化藝術振興院美術館(ソウル)
1981「FINAL ’81」ギャラリー16(京都)
1983「日本現代美術展5人の日本現代作家達」 デュッセルドルフ市立美術館(ドイツ)
1984「現代美術の20年」群馬県立近代美術館(群馬)
1984「東京画廊ヒューマン・ドキュメンツ」 東京画廊(東京)('85)
1991「BACK AND FORTH-5" 70年代からの航跡"」ギャラリー16(京都)
1994「平安建都1200年記念展<京を創る>」 京都市役所(京都)
1994「関西の美術1950's~1970's」 兵庫県立近代美術館(兵庫)
1995「1970: 物質と知覚 もの派と根源を問う作家たち」岐阜県美術館(巡回:広島市現代美術館/北九州市立美術館/サンテティエンヌ近代美術館、フランス)
1997「MURAMATSUⅡ 狗巻賢二・坂口寛敏・村上善雄」 村松画廊(東京)
2004「痕跡: 戦後美術における身体と思考」京都国立近代美術館(巡回:東京国立近代美術館)
2005「開館10周年記念 東京府美術館の時代1926-1970」東京都現代美術館
2005「第21回現代日本彫刻展 2005」 宇部市野外彫刻美術館(山口)
2005「もの派-再考」国立国際美術館(大阪)
2009「第23回宇部ビエンナーレ(現代日本彫刻展)」宇部市野外彫刻美術(山口)
2012「言葉と美術が繋ぐもの-中原佑介へのオマージュ」ギャラリーヤマキファインアート(神戸)
2014「Special Show: 河口龍夫/ 狗巻賢二」ギャラリーヤマキファインアート(神戸)
2014「もの派 vs. Support Surface」ギャラリーヤマキファインアート(神戸)
2014「1974:戦後日本美術の転換点 第2部」群馬県立近代美術館
2016「時代をこえて」ギャラリー16(京都)
2016「ペーパーワーク展」ギャラリーヤマキファインアート(神戸)
2018「戦後の日本美術展」ギャラリーヤマキファインアート(神戸)
2018「Collection / galerie16 狗巻賢二・北辻良央・文 承根」ギャラリー16(京都)
2020「CADAN:現代美術」寺田倉庫B&Cホール ギャラリーヤマキファインアートブース(東京)
2020台北Dangdai Art & Ideas:ギャラリーヤマキファインアートブース(台湾)
2021「Art Collaboration Kyoto (ACK):ギャラリーヤマキファインアートブース」国立京都国際会館イベントホール(京都)
2021「狗巻賢二、中原浩大、毛利武士郎 – 村松画廊コレクションより」Satoko Oe Contemporary(東京)
2021「2021年度 第I期 コレクション展」豊田市美術館(愛知)
2021「Metamorphosis and Evolution 変容と進化」emmy art +(東京)
2022「Art Collaboration Kyoto (ACK):ギャラリーヤマキファインアートブース」国立京都国際会館イベントホール(京都)
2022「Study:大阪・関西国際芸術祭 / アートフェア 2022」グランフロント大阪 北館1F ナレッジプラザ、ギャラリーヤマキファインアートブース(大阪)
2023「枠と波」豊田市美術館(愛知)

【受賞歴】
2009毎日新聞社賞を受賞
2006第25回 今立現代美術紙展'06 K氏賞   越前市いまだて芸術館
【作者情報】
狗巻賢二
会期2015年09月12日(土) - 2015年10月10日(土) 休廊日 : 日・月曜日
開廊時間11:00 - 13:00 / 14:00 - 19:00  [最終日は17:00まで]
会場ギャラリーヤマキファインアート
所在地〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
問合せTEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667  MAIL: info@gyfa.co.jp
アクセスJR ・阪神 元町駅 西口より徒歩 1 分
料金無料