ARTIST INFO

Kate Van Houten

ケイト・ヴァン・ホーテンはアメリカ出身、パリを拠点に多岐にわたる創作活動を続けるアーティスト。初期の絵画作品においては、ミシン糸を用いた抽象画や風景画に始まり、ドローイングや版画など多様な表現方法を実践。青と黄によるパワフルな抽象画の作品群を経て、1990年代には石の彫刻作品へと新境地を開く。石のかたちを「見出す」ことによって形づくられるヴァン・ホーテンの彫刻は、抽象的でありながら生命を感じさせる、優美で有機的な性質を備える。
多様な媒体を用いることで、彼女は自然と物質へのあくなき探究を行い続ける。彼女自らのインスピレーションが様々な物質と呼応しあうことで生み出された作品群は、一つの空間で呼応しあい、彼女自身の想像力と世界観を色濃くあらわしている。
日本でも何度も個展を行うヴァン・ホーテンの作品には、西洋的要素と東洋的要素が不可分に溶け合い独特の存在感を放っている。

Kate Van Houten is an artist based in Paris. 

Works

  • Title
    Under the gaze of a cat
    Size
    34×16×14cm
    Year
    2017
    Medium
    steatite stone
  • Title
    Other Horizons
    Size
    each 65 x 50 cm
    Year
    2012
    Medium
    kozo paper, alabaster
  • Title
    小石
    Size
    each 34 x 30 cm
    Year
    2017
    Medium
    watercolor on paper
  • Title
    Under the gaze of a cat
    Size
    34×16×14cm
    Year
    2017
    Medium
    steatite stone
  • Title
    Other Horizons
    Size
    each 65 x 50 cm
    Year
    2012
    Medium
    kozo paper, alabaster
  • Title
    小石
    Size
    each 34 x 30 cm
    Year
    2017
    Medium
    watercolor on paper

CV

1940
Born in New Jersey, USA
1960
Study at Brera Academy (Milano, Italy)
1965
Start working in Paris Join the Atelier 17 printmaking workshop (Paris, France)

Selected Solo Exhibitions

2012
"Other Horizons" American University (Paris)
LADS Gallery (Osaka, Japan)
2015
JARFO (Kyoto, Japan)
2017
Friedrich Müller Gallery (Frankfurt)
2017
Gallery Yamaki Fine Art , Hyogo, Japan