ARTIST INFO

Claude VIALLAT

Claud VIALLAT (1936- , Born in Nimes, France) is a French contemporary artist
who used to be active as a “Support/ Surface” group, which is an art movement arose in the end of 1960s in France. He has developed his own unique style for 40 years as a challenge to the classical art tradition, which is to paint the similar bean-shaped figures repeatedly on unframed canvas or printed textile, or to hang those paintings in the air so that there is no front or back. You can feel and see the vast width and depth in a simple bean-shaped, or cell like pattern.

Works

  • Title
    (日本語) untitled
    Size
    (日本語) 160×300cm
    Year
    1970
    Medium
    (日本語) 幌にアクリル絵具 
  • Title
    (日本語) untitled
    Size
    (日本語) 160×300cm
    Year
    1970
    Medium
    (日本語) 幌にアクリル絵具 

CV

1936
(日本語) フランス、ニームに生まれる
1955
(日本語) モンペリエのエコール・デ・ボザールに入学
1961
(日本語) パリの国立美術学校に入学。サム・フランシスやマーク・ロスコ等、アメリカ美術に興味を抱く
1964
(日本語) ニースの装飾美術学校の教師となり、古典的絵画に変わる新しい形式を模索する
1967
(日本語) リモージュの美術学校の教師となる
1968
(日本語) ジャン・フォルニエのギャラリーにおいて、初個展。パリ近代美術館における、シュポール/シュルファスの運動に参加
1969
(日本語) この時期から精力的に絵画制作を行うも、 71 年に運動を取りやめる
1972
(日本語) アメリカに旅行し、ジャクソン・ポロックやネイティブ・アメリカンの絵画に触れる
(日本語) ニューヨークのグッゲンハイム美術館「アムステルダム‐デュッセルドルフ‐パリ」展等に出品
1973
(日本語) リュミニーの美術学校の教師となり、マルセイユに移住
1974
(日本語) サン=エティエンヌの芸術・産業美術館において、初展覧会
1979
(日本語) ニームの美術学校、校長となる
1982
(日本語) ポンピドゥーにおいて、回顧展
1988
(日本語) ヴェネチア・ビエンナーレに参加
1991
(日本語) パリ国立美術学校の教師となる。サン=エティエンヌの近代美術館において、回顧展『シュポール/シュルファス 1966-1974 』に出品
1992
(日本語) イスラエルのテルアビブ美術館、『シュポール/シュルファス』展に参加
1993
(日本語) 「1970年・南仏-パリ シュポール/シュルファス」展(埼玉県立近代美術館、大原美術館、芦屋市立美術博物館、北九州市立美術館、岐阜県美術館に巡回[-1994])
1997
(日本語) ポンピドゥー・センターの『 L' Empreinte 』展に参加
(日本語) パリのギャラリー・でポンピドゥー・コレクションの『シュポール/シュルファスの年』展が開催
2000
(日本語) ブラジル・リオデジャネイロの『シュポール/シュルファス』展に参加
(日本語) 「ポンピドゥー・コレクションによる シュポール/シュルファスの時代 ニース~パリ 絵画の革命 1966~1979」展(東京都現代美術館)
1999
(日本語) パリのギャラリー・ジャン・フルニエで展覧会『 Avatar 』を開催
2002
(日本語) フランスのセレ現代美術館で開催された『6 Toros, 6Artistes 』に参加
2004
(日本語) イタリアのミラノとキアヴァリで、『四人の作家 シュポール/シュルファス』展に参加
2006
(日本語) 美術アカデミー、シモンおよびチーノ・デル・デューカ財団の絵画賞を授与される